CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
RECOMMEND
LINKS
sekkaku
人気ブログランキング
日本ブログ村
OTHERS


SPONSORED LINKS

junkを辞書で調べたら・・下らない、役に立たないもの。がらくた。廃品。なんだそうです。そんなjunk雑貨の写真を撮るのも大好きです。
<< 第8回東京蚤の市 | main | モデルルームで癒されるの巻 >>
心に残る1冊







君のすい臓を食べたい


友達に借りていた本をやっとさっき読み終えた
ずっと気持ちが落ち着かなくて
本に集中できず途中まで読んでそのままだったのを
一気に読んだ



今まで読んだ本の中で一番泣いたかも
とにかく涙が止まらなかった・・・
泣きすぎてこめかみが痛くなるほど


人は選択しながら生きている
流されているだけ・・と思ってた主人公も
実は流されることを選択していたんだと
気がついた

今ある自分はすべて選択してきた結果なんだ

ってあたしも気付かされた

どうせダメだよな・・ってダメな方を選択した自分
そう考えると
なんかいろんなことがもっと違うようになったのかも
毎日のちょっとした選択も意識して変えてく
日々選択の連続なんだ


どう生きるかは自分次第


生きるってどんなこと?っていう主人公の問いかけに
友達は、誰かと心を通わせること と答える
誰かを認める、好きになる、嫌いになる、手をつなぐ、ハグする
自分ひとりじゃ自分がいるってわからない。
そういう人と自分の関係が、他の人じゃない私が生きてるってこと

すごく奥の深い本です。
でもスラスラ読める。活字が苦手な娘にも読めるんじゃないかな(笑)


作者は住野よるさん、これがデビュー作のようです。
次回作が気になる・・


心に残る大事な1冊になりました。






  ブログランキング・にほんブログ村へ

 
応援クリックお願いします♡


| | 14:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト



| - | 14:47 | - | - |









http://1231516.jugem.jp/trackback/229